2019年度も引き続きまして、中小企業庁 滋賀県よろず支援拠点にてコーディネーターとして皆様の相談をお聞きして少しでもお役に立てないかと努めて参ります。重ねて滋賀県立男女共同参画センター G-NETしがにて月2回ですが、女性のための「ビズ・チャレンジ相談」の相談員を拝命し対応にあたらせて頂いております。

 2019年4月28日(日)は、平成最後の「ビズ・チャレンジ相談」の日となりました。併せてよろず支援拠点の平成最後の相談日でもありました。

 日本一の面積を誇るびわ湖では、近年「ビワイチ」と称して湖一周のサイクリングを楽しむ方が増えておりますが、10連休突入間なしという事もあって、この日の近江八幡市までの道のりは、サイクリングを楽しむ方、ツーリングでお出かけの方、オーナー仲間と思われるオープンカーの郡団など、明らかにオフという人々を横目に現地へ到着致しました。

 日曜日にもかかわらず、と言いますか普段はお勤めだから日曜日に相談に来れて良かった、などとおっしゃっていただける方で相談予約は、ありがたいことに満杯です。

 いつものように3枠の相談にお越しいただきました皆様とお話して、無事に平成最後の業務を終了いたしました。

 昭和が終わって平成を迎えたのは、カナダのウィスラー&ブラッコムという地でした。今回 私は、地元で令和を迎えることになります。皆さんは、レジャー先の海外などどこで令和を迎えられるのでしょうね!?

 令和の時代も、引き続き皆様のお役に立てるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 なお、G-NETしがでの「ビズ・チャレンジ相談」への相談お申込みは、当事務所ではなく滋賀県立男女共同参画センターにて受付しております。